このエントリーをはてなブックマークに追加

スピーキングは後

英会話ができるようになるためには、当然のことながら、英語で話すスピーキングの能力も必要になります。
しかしスピーキングの練習ですが、リスニングをある程度練習した後に行うようにしましょう。
リスニングを繰り返し行って、ある程度聞いた言葉についてそのままモノマネができるかもしれない程度のレベルに達した所で、スピーキングの練習をすることです。

物まねができるレベルになるまでは、スピーキングはひとまずおいといて、リスニングに集中することが、語学のスキルアップのために必要と言われています。
なぜまずリスニングの練習を徹底的に行うかについてですが、脳のなかに英語の音を蓄えるための作業だからです。

いきなりスピーキングの練習をしてしまうと、脳の中に十分に英語の発音の情報が集まっていません。
ではその中でどう言葉で表現をするかと言うと、英文法のテキストなどで知っている英文でイメージした音を使ってしまうのです。

そうすると、カタカナ英語をはじめとして、ネイティブな人からしてみると、発音のおかしな表現になってしまうのです。

ですから、ますが徹底してリスニングの練習をして、見よう見まねができるレベルにまで昇華する必要があるわけです。

子供英会話教室と言うのが開講されていますが、子供が英会話の勉強をすると大人と比較して圧倒的に速くマスターできることが多いです。

これはなぜかと言うと上のような点が関係しているのです。

子供の場合、素直に聞いたことをそのまま表現することができます。
先入観がないので、英会話を聞けばそれをそのまま受け入れることができるのです。

すぐに英語の音を脳の中に入れることができるので、自然な英会話の表現をマスターすることができるわけです。

そのまま繰り返すと言われると、非常に簡単なことのように思えるかもしれません。
しかし大人になってしまうと、どんどんいろいろな先入観が入ってきて、そのまま受け入れて繰り返すことを阻んでしまうのです。

この先入観が邪魔しないようにするためには、何度でも英会話を聴くだけ聞いて、素直に受け入れられるような土壌を作る必要があるわけです。

スピーキング練習をする時ですが、リスニングをした言葉をそのまま繰り返すようにしてみましょう。
物前ができるくらいのレベルになっていれば、そのまま発音をすることができるようになるはずです。

そして実際に口に出した言葉と耳で切った発音を比較してみましょう。
もし異なるのであれば、聞いた音に合わせる努力をすることで、語学をアップすることができます。
Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.