このエントリーをはてなブックマークに追加

場面のイメージをする

語学がなかなかマスターできない人もいるようですが、その中で結構やっている間違いが、英語で聞いた言葉を日本語訳して理解すると言う方法です。

実はこのような方法で英会話の理解をしていると、なかなか語学の上達が期待できなくなると言われています。
ではどのようにしてリスニングの勉強をすれば良いかについてですが、英語を聞いたらそのまま英語の状態で頭の中に入れることです。

日本語に転換すると言うスイッチを入れないようにしましょう。
では英語をそのまま英語の状態で頭の中に入れるためにはどうすれば良いかについてですが、場面のイメージをすることが有効と言われています。
例えば、Hiという言葉あると思います。
「やあ」のような最初に出会ったときの挨拶ですが、日本語に訳すのではなく、知り合いがこちらに来て手を振っているような場面をイメージしてみましょう。
そうするとHiの状態のままで、頭の中に記憶されやすくなります。
Hiのような単語や短い表現であれば、そのまま記憶をすることは簡単かもしれません。
しかし長文の英会話になってくると、なかなか英語のままで素直に頭の中に記憶していくことが難しくなってしまいます。
その場合には、自分がふだん使い慣れている言葉、すなわち日本語の助けを借りることも検討してみましょう。
しかしそのまま日本語に訳してしまうと、語学のスキルアップの効果が半減してしまいます。
そこで日本語を少しだけ使うことを意識してみるのです。

日本語と英語には、いろいろな語学上の違いがあると言われています。
その中でも決定的な違いと言われているのは、主語と述語の関係です。

日本語の場合、主語が先頭に来ることが多く、術後は一番最後に来ることが多いかと思います。
ところが英語の場合、S+Vという言葉に代表されるように、先頭に主語が来て、すぐ後に述語が来るような構造になっている文章が多いです。

ですから、英語をそのまま単語の組み合わせで日本語に変えてみると、明らかに不自然な言葉の表現になるかと思います。
しかしこの日本語からしてみると不自然な単語の羅列のままで理解することが重要なのです。

日本語の単語を英語の順番のままで並べることによって、英語の語順をイメージしながら頭の中に入れることができます。
このように、日本語の力を借りても、英語の語順だけは崩さないようにすることで、英語の表現をマスターしやすくなると言われています。
特に長文の英会話を理解する時には、このような転換をしてみると良いでしょう。

人気の語学の情報は実はユーザーが多いこのサイトがイチオシです

Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.