このエントリーをはてなブックマークに追加

そのまま従うこと

英会話をマスターする時に重要なこととして、自分の耳で聞いた情報に対して素直になることが挙げられます。
英会話の勉強をしている人の中には、耳で切った言葉を自分の知っている英単語の中に当てはめてみる作業をしている人が結構います。
そうすると自分で聞いた言葉を表現するといわゆるカタカナ英語になってしまいます。
ですから、語学の勉強をする時には、自分の耳に対して素直になることを意識してみてください。
自分が知っている日本語の音や聞いたことがある英単語の音に置き換えるという作業を極力行わないように意識することが重要なのです。

英単語の字面をイメージするのではなく、きいた音をそのままイメージして発音をした方が、海外の人からしてみると聞き取りやすい表現となるのです。

中には、自分の聞き取った言葉が元の単語とはおおよそに付かないように聞こえることもあるかもしれません。
テレビ番組で洋楽がおかしな日本語に聞こえるというコーナーがありますが、後で英文を見てみると絶対にこのようには歌っていないだろうと言った文章が出てくることもあります。
このように文章と耳で聞こえた言葉には大きなギャップがあることも少なくないのです。

自分の耳を頼りにすることは不安に感じるかもしれませんが、聞こえた音に素直に従ってみることを意識してみましょう。
もし聞こえたままに表現することに慣れてきたのであれば、少しレベルの高い分析をしてみましょう。
よく言われることですが、日本語と英語を比較すると、英語の発音のバリエーションは日本語よりも多いです。

と言うことは、聞いた英語の発音の中には、ふだん私たちが日本語で話す時に使わないような発音が出てくる可能性があります。
この自分にはあまり聞き慣れない発音を意識して聞いてみましょう。
そうすると、この発音の仕方についてマスターすることができます。
語学の勉強のスタイルを見てみると、発音練習をリスニングよりもウエイトをおいて行っている教室なども良く見かけます。
確かに発音できない音を聞いても、その情報を聞きとることができないという考え方もあることはあります。
しかし発声練習を最初に行ってしまうと、聞きやすい発音しか勉強することができなくなってしまいます。
そうすると、結果的にはなかなか語学力の向上をすることが難しくなってしまう可能性も出てくるわけです。

ですから素直にリスニングをすることを意識して勉強をしてみましょう。
Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.