このエントリーをはてなブックマークに追加

リスニングの基本

そもそも語学と言うのは、会話をする時に相手が何を言っているのか理解できないと話すこともできなくなります。
そこで英会話の勉強をする時には、まずはリスニングをしっかりとマスターすることが重要と言われています。
最近では独学用のテキストの中にも、CDが含まれている教材はたくさんあります。
CDの付いているテキストを購入して、徹底的に聞き返すことがリスニングのスキルをアップするために必要なことなのです。

ところで、英会話のリスニングをする時には絶対にはずしてはならないポイントがいくつかあります。
まず徹底的に聞き返すことが重要です。

おそらく英会話のテキストに含まれているCDの副教材には、3〜5分程度の簡単な英会話が収録されていることが多いでしょう。
この3〜5分程度の英会話を何度でも繰り返し聴く習慣をつけるようにしましょう。
英会話のスピードですが、初心者用のテキストの中には聞き取りやすいようにゆっくり目のスピードで会話が収録されているものも結構あります。
確かにこのような英会話の方が、初心者からしてみると聞き取りやすくなるかもしれません。
しかし実際の英会話の世界では、やはりある程度のリズム感やスピード感を持って会話がなされています。
実践的な英会話をマスターしようと言うのであれば、やはりある程度スピーディに英会話が収録されているテキストを購入した方が良いでしょう。
最初は何を言っているか分からなかったとしても、何度でも同じ会話を聞き津つけているうちに、何となくどのような会話をしているか分かってくるようになります。
ですから最初の内は何を言っているのか分からなかったとしても諦めることなく繰り返し聞いていきましょう。
そこでその会話をまねできるレベルになることを目標に徹底して聞き直すことが重要です。

そして英会話を聴いている時ですが、無理くり日本語に訳す必要はないと思っておきましょう。
別にきちんと日本語に訳す必要はなく、何となくこのような会話をしているのだろうと言うイメージを持つように意識してみることです。

この会話が行われている場面や光景をイメージしながら英会話を聞く習慣を付けた方が、語学のスキルアップの効果がより期待できるでしょう。
また話す時ですが、日本語のいわゆるカタカナ英語に転換をする意識も持たないようにしましょう。
むしろ耳で聞いた音をそのまま表現することを意識した方が、流ちょうな英会話をマスターできるはずです。

Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.