このエントリーをはてなブックマークに追加

間違いは当たり前

海外で英語を話さない日本人はたくさんいます。
では全く英語を話すことができないかと言うと、実はそうでもないのです。

そもそも私たちは、少なくても中学と高校の6年間、英語の勉強をしている人が多いです。

このため、片言程度であれば英会話ができる人が多いにもかかわらず、海外で英語を話さない人が多いです。

これはなぜかと言うといろいろなことがあると思いますが、英会話をして失敗してしまったことを恐れているケースが多いのではないでしょうか?

実は、この間違いを恐れると言う行為は、語学の上達を阻むもの以外の何物でもありません。
もし語学を勉強しようと思っているのであれば、どんどん話して間違っても気にしないことが重要なのです。

語学の勉強を長続きさせて、上達するためには楽しさがないといけません。
しかしもし間違ったらいけないと思ってしまえば、どんどん語学の勉強をすることが緊張感を高めることになってしまいます。
緊張して委縮している状態で勉強をして、果たして楽しいでしょうか?

そこで、英会話の勉強をする時には、間違って当たり前くらいの気持ちで良い意味で開き直りを見せることも重要なのです。

はっきりと言っておきますが、いわゆるネイティブの外国人でも、英文法を間違えずに完璧に話している人など本当に少ないです。

英文法などがめちゃくちゃでも相手に通じればそれでよし、これくらいのおおらかさがあっても良いのです。

実はこの開き直りを理解することによって、英会話の勉強もだいぶ楽になります。
よくリスニングが苦手と言う人を見ますが、なぜ苦手かと言うと一言一句聞き漏らすまいとして英会話を聞こうとします。
そうすると、短文であれば何とか対処することができたとしても、長文になってしまうとどこかで付いていけなくなって、その会話自体から脱落してしまうのです。

しかし皆さん、普段の日本語の会話をイメージしてみてください。
果たしてどれだけの人が、日本語の一言一句を聞き逃さずに会話しているでしょうか?

きちんとすべての言葉をきいて会話をしている人など少ないはずです。

そのようなことを続けていれば、会話をすることが億劫になってしまって仕方がないです。

ある程度会話の中身を聞き流してしまっている所もあるわけです。

英会話についても同様です。

英会話は多少言葉を聞き逃してしまったとしても、ある程度の意味合いを理解できるようになっているのです。

語学をマスターするためには、英語を聞くことが重要です。

しかし遺言一句を聞き逃すまいと言うスタイルで勉強をしている人はもっと肩の力を抜いても良いのです。

人気の語学の情報は実はユーザーが多いこのサイトがイチオシです

  • This is my top 25 all-time favorite.best.and greatest korean tv list.
Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.