このエントリーをはてなブックマークに追加

辞書について

知らない言葉や表現が出てきた場合、多くの人は辞書を使って調べると思われます。
この辞書を使う行為ですが、英会話などの語学を勉強する時には有効活用した方がいいと言われています。
しかし特に語学を始めた当初は、極力辞書は使わない方がいいとも言われていることも、頭の中に入れておきましょう。
なぜ勉強当初に辞書を使うべきでないかと言うと、いろいろな理由があります。
まず英会話の勉強をするということは、日常会話の中で登場してくる表現を覚える意味合いがあります。
皆さんも日常会話で何げなく使っている日本語をイメージしてもらいたいのですが、そのままの意味合いで使っていない言葉もあるかと思います。
英会話についても同様のことがいえ、字面の意味と実際の表現の意味とに微妙なニュアンスのずれが生じる表現もあります。
慣用句などはそうで、一つ一つの単語の意味合いだけをたどって行っても、正しい意味合いを理解することができないケースも少なくありません。
英語の表現の基本的なものとして、nice to meet you.があります。
語学をあまり勉強していない人でも、「はじめまして」と言う意味合いのある言葉であることは知っていると思います。
では、このnice to meet you.の意味を単語レベルで見ていくとどうなるかと言うと「あなたに会えて良いです」と言うことになります。
決して「はじめまして」という表現にはいきつかないでしょう。
このように辞書を使ったところで、正しい答えにたどり着かなくなる、下手をすると誤って慣用表現を理解してしまうことにもなりかねないわけです。

おそらくこのような日常会話で結構使う表現については、英会話のテキストなどでも頻出されていて、その日本語訳についてもテキストに掲載されていると思います。
この両者を対比して覚えていった方がずっと効果的だと思ってください。
仕事をしながら英会話の勉強をしようと思っている人もいるのではないでしょうか?

そのような人の中には、限られた時間をやりくりして勉強をする人もいるかもしれません。
もし辞書を引きながら勉強をすることになると、辞書を引く時間が無駄になってしまう可能性があります。
辞書にはたくさんの言葉が収録されているので、辞書で知りたい単語に行きつくまでにどうしても多少の時間がかかってしまうのです。

そのような時間を浪費するのであれば、より多くの英会話を聞いた方がいいのです。

Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.