このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強の頻度

勉強の頻度として、週1日丸々使ってガッツリと勉強するスタイルと、日に5分とか10分程度ではありますが毎日勉強するスタイルとがあります。
寮極端なたとえですが、勉強をする時に時間をたっぷりとかけるのか、頻度を増やすのかと言ったことが問題になります。
英会話などの語学を勉強する時ですが、できるだけ勉強をする頻度を増やした方が語学のスキルを上達しやすくなると言われています。
ですから、どんなに時間が短かったとしても、毎日英会話に触れることができるようにしておきましょう。
もし仕事などの関係で毎日勉強することが難しいのであれば、少なくても2日に1日は勉強をする時間を確保することにしましょう。
所で語学の勉強をする時に、頻度を増やすことも重要ですが、勉強時間を増やした方がよりスキルアップの効果が期待できるのではないかと思っている人もいるかもしれません。
しかし実は、勉強時間を長くすることにはリスクもあることを認識する必要があります。
例えば、毎日3時間、英会話の勉強をすると言われると、かなり語学の上達が早くなりそうというイメージを抱くのではないでしょうか?

しかしまずこれだけの時間を本当に英会話のために割けるでしょうか?

もしそのようなことができる環境にあって、英会話に興味を持っているのであれば、とっくに英会話をマスターしていてもおかしくはないはずです。

また人間には集中力の持続時間に限界があることを認識しないといけません。
勉強をしている時や仕事をしている時、どれほどの時間集中力が続くかをイメージしてみてください。
せいぜい1時間とか2時間が限度ではないでしょうか?

それくらいの時間勉強や仕事を続けていれば、どこかで小休止を入れているのではないでしょうか?

このように人間が何かに集中して取り込むことができる時間はたかが知れているのです。

ですから、長く英会話の勉強をしようと思わないことが重要なのです。

むしろ毎日10分とか20分くらいの時間を使って勉強することを意識してみましょう。
この程度の時間であれば、普段仕事を持っている人でも毎日継続して、勉強を続けることができるのではないでしょうか?

スケジュールを決める時にまず、自分の日常生活の中で、語学の勉強をするために割ける時間がどの程度あるのかについてイメージしてみましょう。
何となくテレビを見ているとか、インターネットをしている時間を語学の時間に使えば、毎日勉強することも決して不可能ではないはずです。

人気の語学の情報は実はユーザーが多いこのサイトがイチオシです

Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.