このエントリーをはてなブックマークに追加

スピーキングの方法

スピーキングの練習をする時には、聞いた言葉をそのまま繰り返す手法を採用することです。

聞いた言葉のもの前をするようなイメージで、スピーキング練習をしていくことで語学のスキルをアップさせることができます。
聞いた言葉をそのまま話すのですから、もしテキストがあったとしても、テキストは一切見ないようにすることが重要です。

なぜテキストを見ないのかと言うと、テキストを見てしまうことで、テキストに引っ張られてしまう可能性があります。
テキストには、聞いた英会話の表現が文字として掲載されています。
そうするとこの書かれている文字のイメージに引っ張られた形で英語の表現をマスターしてしまいます。
そうすると、いくら頑張ってもネイティブに近い発音を獲得することができなくなってしまいます。
しかしテキストを一切見ずに、耳だけの情報を頼りにしてスピーキング練習をすることに少し心もとない感じを抱く人もいるのではないでしょうか?

特に長文の英会話を耳だけで聞いて、それをそのまま繰り返しスピーキングをするのは、最初の内は難易度が高いでしょう。
もし長文で一発ですべての言葉をそのままモノマネをすることが難しいと感じているのであれば、言葉を途中で切ってしまうことをお勧めします。
長文であっても、いくつかの意味もグループによって構成されているものが多いです。

この意味のまとまりで区切って、英会話を聞くのです。

その上で、それぞれのグループごとでモノマネをするイメージでスピーキング練習をしていきましょう。
そしてそれぞれのグループのものまねがマスターできたと思ったのであれば、その文章全体のスピーキング練習に移行するような感じで練習をしていきましょう。
長文でもいくつかに区切って短くすれば、リスニングを受けてスピーキングの練習をすることも可能になるはずです。

どんなに厳しくても、極力テキストを開いて文字を確認することは避けるようにすることが、あとあとの語学もマスターのペースに影響を及ぼします。
物前と言いますが、具体的にどのような所に意識してまねるようにすればいいのでしょうか?

もちろん発音は重要になります。
その他に英会話の話しているリズムと抑揚をどのように付けているかという所も意識して、ものまねをしてみると良いでしょう。
そうすると、よりネイティブの話している表現に近づけることができます。
最初の内は、物まねのコツをつかんだと思っても、実際に口にしてみると違うと思います。
そこで徐々に軌道修正をしながら、聞いた音に近づけることです。

Copyright (C)2017なんのための英会話?語学が必要な理由とは.All rights reserved.